このページでは、血行を良くする助けになるサプリメントについて、ランキング形式で詳しく紹介しています。

  • 「血液年齢が気になるようになった」
  • 「血行に良いサプリを探している」

といった方の参考になれば幸いです。

血行を良くするDHA・EPAサプリランキング

血行良くするサプリ第1位 さくらの森【きなり】

血行良くするサプリ第1位 きなりの特徴

きなりの特徴は、以下の通りです。

  • 1日あたりのDHA・EPA摂取量510㎎
  • ネバネバ成分「ナットウキナーゼ」をプラス配合
  • 世界が注目する新素材「クリルオイル」配合
  • マルハニチロと共同開発
  • 15日間返金保証あり

※【原材料】DHA・EPA含有精製魚油、クリルオイル、納豆菌培養エキス、 ビタミンE含有植物油(大豆由来)、ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、 オレンジ香料、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6

価格 通常5695円初回特価1980円(税込)送料無料
評価
容量 1袋120粒(約30日分)

きなりの総評

きなりは、血液をサラサラにしてくれるDHA・EPA・DPAの1日あたりの含有量が510㎎と高い濃度を誇るDHA・EPAサプリです。

魚のサラサラ成分「DHA・EPA」に加えて、「アスタキサンチン」「ナットウキナーゼ」も高濃度配合することで血液サラサラをしっかりとサポートしてくれます。

気軽に購入しやすい価格設定と、もしもの場合の返金保証も行っているので、お試し感覚で始められるサプリと言えますね。


血行良くするサプリ第2位 日清食品【DHA EPA+ケルセチン】

血行良くするサプリ第2位 DHA EPA+ケルセチンの特徴

DHA EPA+ケルセチンの特徴は、以下の通りです。

  • 1日あたりのDHA・EPA摂取量500㎎
  • 1日あたりタマネギ2個分のケルセチン100㎎配合
  • 独自処方で魚臭さをカット
  • 契約回数・期間の縛りなし
価格 通常5500円⇒初回限定1980円(税抜)送料無料
評価
容量 1瓶120粒入(約30日分)

DHA EPA+ケルセチンの総評

DHA&EPA+ケルセチンは、日清食品が血液さらさらを一番に考えて作り上げたサプリメントで、1日あたりDHA・EPAが青魚約3匹に相当する500㎎摂取出来るサプリです。

それにプラスして、ポリフェノールの一種であるケルセチンが一日あたりタマネギ約2個に相当する100㎎配合されているところも魅力です。

食品会社のノウハウを駆使して魚臭さをしっかりとカットしてあるので、においを気にせず飲めるところがいいですね。


血行良くするサプリ第3位 佐藤製薬【美健知箋(ビケンチセン)EPA&DHA】

血行良くするサプリ第3位 美健知箋EPA&DHAの特徴

美健知箋EPA&DHAの特徴は、以下の通りです。

  • EPA・DHAが1包あたり750㎎と高配合
  • つなぎ目のない小粒カプセルで飲みやすい
  • 酸化を防ぐ個包装のアルミパック
  • 製薬会社による徹底した品質管理

※【原材料】DHA・EPA含有精製魚油、ゼラチン、EPA含有製魚油、グリセリン、酸化防止剤(ビタミンE)

価格 通常6480円⇒初月限定1000円(税込)送料無料
評価
容量 1箱30包(30日分)

美健知箋EPA&DHAの総評

美健知箋EPA&DHAは、ユンケルで有名な佐藤製薬のノウハウを凝縮して誕生させた血液サラサラサプリです。

1日あたりのDHA・EPAの含有量が750㎎と高く、酸化を防ぐための工夫や携帯に便利な包装スタイルといった点で、ずっと続けやすいサプリだと思います。

他のサプリメントと比べると、一粒一粒が小さいのでカプセルが苦手な人でも飲みやすいところが嬉しいですね。


血行良くするサプリ第4位 サントリー【DHA&EPA+セサミンEX】

DHA&EPA+セサミンEX公式サイト
血行良くするサプリ第4位 DHA&EPA+セサミンEXの特徴

DHA&EPA+セサミンEXの特徴は、以下の通りです。

  • 「DHA・EPA・DPA」に加えて「セサミン」を高配合
  • 「オリザプラス」と「ビタミンE」も濃縮配合
  • サントリー史上最高濃度の魚油を採用
  • 定期コースは、解約や変更に制限なし

※【原材料】DHA・EPA含有精製魚油、米胚芽油、セサミン、ゼラチン、ビタミンE、グリセリン

価格 4950円(税抜)送料無料
評価
容量 1瓶120粒入(約30日分)

DHA&EPA+セサミンEXの総評

DHA&EPA+セサミンEXは、血液サラサラ成分の「DHA」「EPA」「DPA」の他に、ゴマの稀少成分である「セサミン」がたっぷりと配合されたサプリメントです。

それらに加えて、大豆由来の健康成分「ビタミンE」、玄米ポリフェノールの「オリザプラス」といった選び抜かれた健康成分が贅沢に配合してあるところが魅力です。

DHA&EPA+セサミンEXで使用しているのは、国産の新鮮なDHA原料の魚油なので、安心して口にすることが出来ます。

血行が悪い場合の症状とその原因とは?


血液の流れである血行が悪くなると、体にも様々な悪影響を及ぼします。

代表的なものとして、

  • 冷え性
  • 肩凝り
  • 乾燥肌
  • 倦怠感
  • 便秘
  • 疲労

などなど。

ざっと挙げただけでも、血行が悪いことでこんなにも様々な症状を引き起こしてしまうんですね。

また、血液には体の老廃物を回収する役割もありますが、血行が悪くなるとこの機能も低下して代謝が悪くなるため、女性にとっては大敵の肌荒れ、痩せにくい体質になる等の症状も現われます。

血行が悪い状態をほおっておくと脳梗塞や心筋梗塞、脳血栓、 狭心症など致命的な病気を発症する事態が最悪引き起こされるリスクがあります。

このように人の体のバロメータを維持するために血行は大切なポイントになります。

では、血行が悪くなる原因は何でしょうか。その最大の原因は現代人の食生活と運動不足、ストレス等の生活習慣にあります。

上記にあげた食生活や生活習慣によって、血管が弱くなり収縮される事と血液がドロドロになる事により血液の流れが悪くなります。

流れが悪くなると血管が冷えるので更に血液の流れが悪くなるという悪循環が起こり、血行が悪くなるという状態に陥ります。

血行を良くするには?


血行が悪くなると体に様々な悪影響を及ぼすという事は分かりましたが、それでは血行を良くするにはどうしたらいいのでしょうか。

それは、良質な睡眠、栄養バランスの取れた食事という規則正しい生活を送る事が大切になります。。

規則正しい生活を送っていない方は、、食生活と生活習慣の改善をすることにより血行不良が改善されます。。

食生活では、血行を悪くする原因である脂っこいもの塩分や油分をとりすぎる偏った食生活は避けること。

そして、血管を強化して血行を改善をする食材を積極的にとるように心掛ける等食生活に気を遣うことで、血液がさらさらになり血行不良が改善されます。

また、下記のような方法で適度な運動や体を温めるのも血行を良くするには有効です。

  • ストレッチやウォーキングなど、軽い運動をするだけでも、基礎代謝をあげて血行をよくする事につながります。
  • 入浴等で湯船にゆっくりつかって体を外側から温める事で、血管が拡張して血液がスムーズに流れるようになります。

このように、ちょっとした生活習慣を変えることで血行を良くすることは出来るので心掛けるようにしたいですね。

血行を良くするためにおススメの運動は?

血行が悪くなると、冷え性、肩凝り、乾燥肌、倦怠感、便秘、疲労等体に様々な悪影響を及ぼします。

また、血行が悪い状態を放置しておくと脳梗塞や心筋梗塞、脳血栓、 狭心症など致命的な病気を発症する事態が最悪引き起こされるリスクがあります。

血行を良くするためには、生活習慣を見直すことが大切です。

その中の一つで、運動をすることも血行を改善には有効です。運動をしたり体を動かすことで血液の流れが良くなり、体の調子も良くなるでしょう。

下記に上げるものは、スポーツジムに通うことなく、日常生活で実践できる運動なので、おすすめです。

かかとの上げ下げ運動
かかとの上げ下げのポイントは、ゆっくりをかかとを上げて勢いよくかかとを落としていくこと。この動作を1回につき20回くらいを目処に1日2回行うと効果的です。

腕を回す運動
効果的に腕を回す方法としては、まずは足は肩幅程度に開き、両方の腕を真横の状態で肩より上に上げて背中側にそらして腕を前に回します。前に30回程度回したら、今度は後ろ側にも回しましょう。)

ウォーキング
早歩きで約20分・30分程度歩くようにします。少し息が上がるくらいのペースで歩くようにすると効果的です。また歩くときは背筋を伸ばして姿勢を意識しましょう。

体に負担のかかる運動は長続きしませんが、ここで紹介した運動は簡単にできるので、隙間時間を利用して是非行ってみてください。

血行を良くするためにおススメの食べ物は?


血液がドロドロだと恐ろしい病気を引き起こしてしまう可能性があることは分かりました。

では、血液をサラサラにしてくれる食品はどんなものがあるでしょうか。

医師がお勧めする血液をサラサラにしてくれる代表的なものは下記の食品です。

青魚類
αリノレン酸と共にオメガ3脂肪酸の一種であるDHAとEPAを多く含む青魚の脂質には中性脂肪の数値を下げ、血液をさららにして、血栓症予防や悪玉コレステロールを低下させる作用があります。
納豆
納豆は大豆製品の1種ですが、他の大豆製品の有効な成分を含みつつ「ナットウキナーゼ」という納豆特有の成分を持っています。「ナットウキナーゼ」は、血液サラサラ効果が高く、血栓を溶かす作用が一般的な抗血栓薬に匹敵するほど強いといわれています。

ナッツ類
ピーナツ、アーモンドなどのナッツ類は、リノール酸やリノレン酸といった不飽和脂肪酸なので血中コレステロールを下げて血液をサラサラにする効果があります。
オリーブ油、ごま油
これらの油には、不飽和脂肪酸の中でも酸化しにくいオレイン酸という脂肪酸を含んでいます。悪玉コレステロールだけを減らし、善玉コレステロールを増やすので血液サラサラにいい効果を及ぼします。

この中でも、特に血液をサラサラにしてくれる効果が高いと言われて注目されている栄養素が青魚に多く含まれるDHAとEPAです。

それでは、次にDHA・EPAの働きについてもっと詳しく見ていきましょう。

DHA・EPAの働きについて


DHAとEPAはどちらも血液のをさらさらにして血行をよくする健康成分と言われています。

どちらも常温で固まりにくい、不飽和脂肪酸の一種であるオメガ3脂肪酸(オメガ3)に分類され、先ほど紹介したように、さんま、さば等の油の乗った青魚に豊富に含まれています。

えごまに含まれるαリノレン酸もまた、オメガ3に分類される脂肪酸で、体内に取り入られるとEPA・DHAへと代謝されます。

DHAとEPAが属するオメガ3は、増やすことで脂肪酸のバランスを正常化でき、血液をさららにして、血栓症予防や悪玉コレステロールを低下させる作用があります。

DHAもEPAも体内で生成出来ない必須脂肪酸に分類されるため、食品から補給する必要があるわけです。

それぞれの働きについて、ざっと挙げてみると、

DHA

  • 学習力や記憶力の向上
  • 抗うつ作用
  • 動脈硬化・心筋梗塞の改善
  • 美肌効果

EPA

  • 血液や血管を健康な状態にする
  • 血栓を防ぐ
  • 中性脂肪を下げる
  • 抗アレルギー効果

といった感じです。

このように、DHA・EPAは、私達の頭と体の健康になくてはならない栄養素だということが良く分かりますね。

厚生労働省によると、DHAとEPA は1g/日以上摂取することが望まれるとされています。


目安としては青魚の刺身で5切れ程度、焼き魚なら中くらいの青魚1尾が必要です。

魚離れが続いている現代社会で、毎日、これだけの量の青魚を食事で摂ることは難しいかもしれません。。

もし、食事から摂取することが難しい場合は、DHA及びEPAのサプリメントを活用して必要量を補給すると簡単に摂取できるのでお勧めです。

DHAサプリには副作用はありませんか?


EPAとDHAのサプリメントは、DHA,EPA共に1粒の中に配合されているものが多く、両者を手軽に摂取する事が出来ます。

サプリの配合成分はマグロやサメなどの実際の魚から抽出する場合がほとんどで天然由来の健康成分になりますので、安心して摂取していただけます。

ただし、食物アレルギーを持つ場合は、原材料に何が使われているかの確認をしておいたほうがいいでしょう。。

気になる副作用については、サプリメントは医薬品ではなく健康食品ですので、基本的に副作用の心配はないとされています。

しかし、効果的にこれらの栄養を補給したいからといって、過剰に摂取すると吐き気や下痢、出血が止まりにくくなる等の副作用が現れることもあります。

また、現在薬を服用している際は、薬の効用と合わさって血圧が下がりすぎるなどの問題が起こる場合もあるので、念のため医師に相談してからうサプリメントを摂取した方が安心だと思います。

血液をサラサラにしてくれる、脳の働きをよくしてくれる効果が期待されるDHA・EPA。用法用量を守って正しく摂取して、健康を維持していきたいですね。

DHAサプリを選ぶ時のポイントは?

血液をサラサラに流れやすくしてくれて、脳を活発にしてくれるDHAと、健康によくメタボリックシンドロームや動脈硬化を防いでくれるEPA、どちらも注目の栄養素で、様々なメーカーからサプリメントが販売されています。

実に100種類以上を超えるDHAサプリメントの中で、自分に合ったサプリメントを見つけるのも至難の業だと思います。

そこで、サプリメントを選ぶ際のポイントをご紹介致します。

DHA、EPAの配合量
パッケージには、大きな文字でDHA・EPAと記載してあっても、よく見てみると配合量がとても少ないことがあります。

全てのサプリメントが同じ量を配合しているわけではなくて、その量は様々です。必ず確認してから選ぶようにして下さい。

価格
サプリメントはどれをとってもそうですが、医薬品とは違って即効性がありません。最低でも3ヶ月から半年は継続して飲み続けた方がいいでしょう。

そうしないと、本当に自分に合っているサプリメントなのかどうなのか判断できないからです。

そうなると、継続して購入し続けることができる価格をあらかじめ決めておきましょう)

酸化防止対策がされているか
DHA・EPAという成分は、非常に酸化しやすいという特長があります。

そのため、身体に吸収される前に酸化してしまうこともありえます。

まずは、DHA・EPAが酸化しにくいような成分が配合されているものを優先的に選んで下さい。

定期コースの内容
一回の金額かと思ったら、定期コースの初回のみの価格と間違えてたという話はよく聞きます。

金額が定期コースの金額か否か、また、定期コースの場合回数や解約条件を確認しましょう。解約金が高額な場合もありますので、注意しましょう。

サプリメントの特徴をよく確認して、価格、DHA・EPAの含有量、粒の大きさや個数、定期コースのしくみなどをよく理解した上で選びましょう。

特に、定期コースで回数の縛りがないかはチェックしておくといいでしょう。

血行を良くするDHA・EPAサプリ、私のイチオシは【きなり】

ここまで、血行を良くするためおすすめのサプリをいくつか紹介してきましたが、私のおすすめはやはり第1位の「きなり」です。

きなりは、数々の健康食品や化粧品を販売している人気通販ショップ「さくらの森」が、血液サラサラ成分をたっぷりと配合して作り上げたDHA・EPAサプリです。

私達の体内では作ることのできないオメガ3脂肪酸であるDHA・EPAを、サプリメントという形で補給できる栄養機能食品です。

毎日の食事だけではなかなか充分に摂ることが出来ない栄養素が、手軽に摂取出来るのは助かりますね。

きなりは、DHA・EPA・DPAといったサラサラ成分が一日あたり510㎎も配合してあるので、血行を良くするために血液の状態をサラサラにするお手伝いをしてくれます。

また、DHA・EPAだけでなく、血液をサラサラにする納豆の成分「ナットウキナーゼ」もプラス配合されていて、血液サラサラや血の巡り改善の期待が高まります。

そして、品質保持の面でも、今世界から注目を浴びている新素材「クリルオイル」で酸化を防ぐ工夫をしています。

きなりの品質や効果効能への評価の高さは、あのモンドセレクションで最高賞である金賞を3年連続して受賞しているということでも証明されているのではないでしょうか。

きなりは、定期購入することで初回の価格が67%も割引になります。

もしも合わない場合でも、15日間の返金保証がついているので、お試し感覚で始められるところも利用しやすいですね。

手軽に始められる点や、成分、品質管理、評判など、総合的に判断して、私のイチオシは【きなり】です。

更新日:

Copyright© 血行良くするサプリランキング【血液サラサラ・血の巡りを良くする為に】 , 2018 All Rights Reserved.